MOS資格とは?就職・転職に有利なMOS試験の概要を解説

0

    こんにちは!

    茨木市にある

    地域密着型のハロー!パソコン教室

    アルプラザ茨木校です。

     

    アル・プラザ茨木校では、第2土曜日に生徒様限定で

    MOS(Microsoft Office Specialist =マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験を行っています。

     

    MOS試験は、エクセルやワードなどのオフィスソフトを使用したソフト製品のスキル操作を認定する資格試験になります。

     

    日本でも知名度人気とともに高い資格でありMOSの累計受験者数は400万人を超えています。

     

    世界約200ヶ国で同じ基準で実施されているので、国際的にもスキルを証明できるものです。

     

    この資格があれば普段の仕事のスキルアップだけでなく就職や転職に有利になるというところもポイントです。

     

    概要として、試験日程は、最寄りの試験会場で毎月1回〜2回開催されている全国一斉試験と毎日行われている随時試験があり、申込み受験資格は年齢や国籍の制限はありませんが、未成年者のみ保護者の同意が必要となります。

     

    MOS資格の受験料のお支払い金額は一般価格で9,800円(税別)で、学生は学割価格の7,800円(税別)となり若干安く受験出来ます。

     

    また、パソコン資格として客観的に証明でき、履歴書に書けるレベルの技能検定です。

     

    グローバルな資格試験ですので、世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」発行されます。

     

    実は、難易度と言っても、MOS検定資格試験にはバージョンがいくつかあります。

     

    それによっても変わってきます。

     

    MOSは、オフィスソフトのバージョン別に「3つのパターン」の試験科目があるのをご存知ですか?

     

    例えば、同じMOSワード スペシャリストでも、MOSワード2010、MOSワード2013、MOSワード2016の「3つのパターン」があるんです。

     

    また、エクセルとワードには、2つのパターンの一般と上級もあります。

     

    基礎的な内容のスペシャリストと高度で専門的な知識とスキルを必要とするエキスパートの2種類です。

    「できれば…難易度が優しいものを受けたい…!!」

    「せっかく受験するなら、より実践力がつくもので受けたい…!」

    今回は、受験を検討するときに、色々な思いがあると思いますので、今回はMOSのバージョンも可能な限りお話ししますね。

     

    経験上オススメの教材などを勉強の進め方とともにご紹介していきます!


    MOS(Microsoft Office Specialist)の難易度は?

     

    ワードやエクセルによってどちらも異なります。おおよその出題範囲の内容をお伝えします。一覧にまとめました。

     

    Excel(エクセル)

    数式や関数などの計算に関する機能、グラフの作成や編集、条件付書式、入力規則、セルやページ設定、印刷設定、テーマの変更、などこの辺をお話してさらっと「そのくらいか」と簡単に思える方は、独学で良いでしょう。

    でも上記の言葉を聞いて「ん?」って思われた方は、一からの勉強になると思います。

     

    Word(ワード)

    文章のフォントなど書式設定、文字装飾、表の作成、写真挿入、図形挿入、表の作成、文書の校閲、コメント機能、基本的なページ設定、スタイルや印刷設定、などがサラッと分る方であれば大丈夫でしょう。

    よくある勘違いですが「文字が入力できて、大きさや幅を変えて、中央ぞろえできれば、ワードはバッチリ!」なんて思っている方は、挫折を味わうと思います。ワードの操作はかなり高度で奥深いのです。

     

    さらに言うと、MOSは各バージョンで形式が違い、難易度も異なる

     

    先ほども少しだけお話ししたのですが、MOSはオフィスソフトのバージョン別に科目があるので、同じワードでも3パターンのテストがあります。

     

    MOSの試験科目は、マイクロソフト社のオフィスソフトのワード・エクセル・パワーポイント・アウトルック・アクセスの5科目です。

     

    それぞれに2010、2013、2016のバージョンがあるので、受験科目は全部で15科目になるということですね。

    各バージョンの違いと特徴を簡単に説明すると、

    MOS2010(ざっくり言うとクイズ形式)

    問題は、一問一答形式。

     

    MOS2013(ざっくり言うと、一からファイルを作り上げる形式)

    試験の最中に1つのプロジェクトを完成させる形式です。

    未完成の文書を完成させていくので、実践力がつく。途中で間違えると次の回答に支障が出ることもある。

     

    MOS2016(ざっくり言うと2013と2010の間くらい)

    複数の小さなプロジェクトを複数完成させていく形式です。

    プロジェクトごとに関連はないので、1つできなくても次の回答には支障がない。

    「実践力もつく」という内容です。

     

    それぞれに特徴があるので、難易度順に並べることにあまり意味はないです。

     

    出てくる問題に対しての難易度は「同じ」と考えてよいです。

     

    MOS2013のみ「最初から最後まで作成する」という実務の問題形式です。

    よって、1つ間違うと大きく間違える可能性があるので、他の試験と比較して合格が難しいです。

     

    MOSの受験科目は意外に多い

     

    MOSの受験科目の種類が意外に多くてびっくりした方もいるのでは?

    受験に悩んでいる人は、何のどの科目を受けたらいいのか困ってしまったかもしれませんね。

    普段自分が使っているオフィスのバージョンを確認して受験項目を決定してください。

     

    どれを受けたほうが良いかは悩むところでしょう。詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。

     

    MOSどれを受けるべきか?あなたにピッタリのMOS資格バージョンは?

     

    MOS2010・2013・2016で実務が身につくのはMOS2013

     

    実務が身につく2013

     

    「とにかく業務作業に使えるテクニックを身に付けたい!」「オフィスソフトの使い方をしっかり学びたい」というスキルアップを目指している人は、MOS2013をオススメします。MOS2016は最新バージョンですし、実務も身につきやすい試験形態ですが、今の段階ではMOS2013の方がおすすめですね。

     

    というのも、現在企業で使われているオフィスソフトでオフィス2016を使っているところは少ないと思うのです。

    そこで、MOS2013です。オフィスのバージョンが違うとはいえ、2010と操作性はあまり変わりがありません。

    その上、試験形式の流れもプロジェクトを完成させるタイプです。

    模擬試験を複数こなすことで、文書作成やエクセルシート作成の見本を学ぶこともできます。

    試験勉強をしながら実務も身に付く、両方できるメリットがあります。

    現在、実務で使われているオフィスと操作性があまり変わりなく、試験対策をしながら実務の勉強もできるということなら、今はMOS2013がおすすめということですね。

     

    Access(アクセス)やPowerPoint(パワーポイント)の難易度は…簡単?

     

    大量のデータを効率的に管理分析するデータベース管理ソフトのアクセスやプレゼンテーション資料を作成するパワーポイントの難易度についても触れておきますね。

    アクセス・パワーポイント・アウトルックは、それぞれ上級試験のエキスパートがありません。3つとも一般レベルのスペシャリストだけの試験です。

     

    バージョンごとの難易度の変化は、ワードやエクセルと同じ程度。バージョンが新しくなるごとに実践力がつく難易度になっています。

    スペシャリストに合格できれば、一通りの機能を使用できるようになるので、これらの受験科目で迷ったなら、最新のものか業務上で使用するバージョンで受けるのがいいでしょう。

     

    まとめ

     

    試験では、集中力を切らさないことがポイントです。問題文の指示を落ち着いて読み、問題解答画面に表示されるボタン操作などもう注意して解くことが大切です。

     

    スタッフ一同お待ちしています!!

     

    *************************
    ハロー!パソコン教室
    アル・プラザ茨木校

    〒567-0065
    大阪府茨木市上郡2-12-8
    アル・プラザ茨木店内1階

    お問合せ(お電話)
    072-643-9286(10:00〜18:00)

    開講時間
    月・木・土・日・祝  10:10〜17:40
    火・水・金              10:10〜20:30
    *************************


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.01.15 Tuesday
      • -
      • 10:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      twitter

              

      最近の記事

      カテゴリー

      カレンダー
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      サイト内検索

      その他

      携帯用QRコード

      qrcode

      PR